ステライト合金、鋸刃、ステライトのブッシュ、ステライトのバルブシート、バルブの弁箱

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://hakodate.areablog.jp/cobaltalloy

平面破壊応力を有するステライト合金

ステライト、低温強度(わずか50から75パーセントのニッケル基合金)であるが、しかし980度以上の温度で高い強度、熱疲労に対する良好な耐性、腐食及び摩耗性能熱を有している。】C、およびそこより良い溶接性。航空機ジェットエンジン、産業用ガスタービン、船舶用ガスタービンブレード及びノズルガイドベーン及びディーゼルエンジンのノズルの製造に適し。

コバルト基超合金は、一般的に980℃以上の温度で低および中高温強度(わずか50から75パーセントのニッケルベースの合金)が、コヒーレントな強化相を欠いているが、高強度、良好な熱疲労および耐食性を有します耐磨耗性に優れ、溶接性も良好です。航空機ジェットエンジン、産業用ガスタービン、船舶用ガスタービンブレード及びノズルガイドベーン及びディーゼルエンジンのノズルの製造に適し。

合金のステライトにおける炭化物粒子の粒径の大きさ及び分布は、所望の破断強度や熱疲労特性を達成するために、キャストステライト部材として、鋳造プロセスパラメータが制御されなければならない、鋳造プロセスに非常に敏感です。ステライト合金は主に炭化物の析出を制御するために熱処理が必要です。ステライト、第一高温溶体化処理温度は、通常約1150℃、全ての一次炭化物、固溶体を含むMC炭化物溶解部分でキャスト、そして次いで870から980℃で時効処理します、炭化物(最も一般的にはM23C6)再沈殿。

平面破壊応力を有するステライト合金 - 温度関係が、1000年℃の高温腐食抵抗以外の優れた高温を有することが示された上方の高クロム含有合金、例えば合金があるので、それがあってもよいですの特徴高硬度(HRC 80〜92)のため、サーメットの初期研究としてのWC-Coベースのサーメット。



ステライト合金

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://hakodate.areablog.jp/blog/1000261857/p11688389c.html
ステライト | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ステライト合金質問
高強度ステライト合金
ステライト合金応用
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ステライト合金、鋸刃、ステライトのブッシュ、ステライトのバルブシート、バルブの弁箱イメージ
ステライト合金、鋸刃、ステライトのブッシュ、ステライトのバルブシート、バルブの弁箱
プロフィール
ステライト合金、鋸刃、ステライトのブッシュ、ステライトのバルブシート、バルブの弁箱 - jp.cobaltalloy.net
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 3 61
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク