はこだてぱみの日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://hakodate.areablog.jp/hakodatepami

心臓カテーテルは治療後の出血に要注意

■便の色に注目

カテーテル治療だけで命が助かったと安心してはいけないのだ。

なので、便がタールのように粘り気がある、色が黒いというのを目安にするのも手です
一般的に貧血はドキドキする、微熱がある、体がだるいという症状が表れますが、高齢者の貧血はわかりにくいからです。
高齢者の10人に1人は貧血といわれますが、自覚する人は少ない。

問題は、吉村さんのようにPCI後の出血に気づかない人が少なくないことだ。

私が勤務している病院でも、このような人の3割近くがそれなりの出血をしています

そういう人はワルファリンなどの抗凝固剤を使用しているので、出血リスクが格段に高まります。吉村さんもそうだったのかもしれません。

ただ、高齢の心筋梗塞の患者さんは、脳梗塞のリスクが高まる心房細動を合併している人が多い。
おそらく、吉村さんのケースでもPPIは使われていたと思います。

こう言うのは血管内治療の権威で東邦大学医療センター佐倉病院・臨床生理機能学の東丸貴信教授だ。

「報告ではPPIの使用により、半分近く消化器からの出血リスクが低下したといわれています」

 

このため、2008年から米心臓病学会財団、消化器病学会、心臓協会などが上部消化管からの出血を抑えるため、胃酸の分泌を抑制するプロトンポンプ阻害薬(PPI)の併用を推奨している。

過去の研究では、PCI後に抗血小板薬を使わなかった治療を1とした場合、クロピドグレル単剤で1・1、アスピリン単剤で1・8、2剤を併用するDAPTで7・4倍も重度の消化管出血が表れたと報告している。

PCIの効果を長続きさせるため一般的な治療といいますが、その分、胃や腸などの消化管からの出血リスクは高くなるそうです」

「この2剤は血液をサラサラにする抗血小板薬で、PCI後に飲むと、ステントに血栓ができるのを6〜7割減らせるそうです。
原因は「アスピリン」と「クロピドグレル」を使った抗血小板治療(DAPT)にあった。

「胃の中に大量の血がたまっているというのです。胃壁から出血していたらしい。そういえば退院後も血液が混じった黒い便が出ていました」

再び病院に戻り検査したところ、今度は「貧血」と告げられた。
顔面が蒼白となり、目の前がぐるぐると回り始めたのだ。

この治療法で一命を取り留めた吉村さんだったが、治療後3日ほどして再び異変に襲われた。

その血管を特殊な合金でできた網目状の筒(ステント)で補強する。
先端に風船(バルーン)のついたカテーテル(細い管)を足の付け根などの血管から挿入し、狭くなった部分を、風船を膨らませて拡大。
PCIとは動脈硬化で狭くなった心臓の冠動脈を広げる治療法。

心筋梗塞にはさまざまな治療法があるが、医師は年齢と体力を考えて「冠血管インターベンション治療(PCI)」を決断した。

「もうダメかと思いました。心臓を素手でつかまれるような痛みでした」

すぐに救急車で病院へ。診断は心筋梗塞だった。
冷や汗が流れ、痛みは15分を超えても治まらない。

九州に住む吉村太郎さん(仮名、83歳)は今年1月の朝食時に胸に強い痛みを感じた。

術後、知らない間に胃腸から出血しているかもしれない。
成功率が高く、体に優しいこの治療法で一命を取り留めたのは幸いだが、油断してはいけない。

この冬、その治療法である心臓カテーテル治療を受けた人も多いのではないか。

狭心症、心筋梗塞の総称である「虚血性心疾患」は、日本人の3大死因のひとつで冬場に発症しやすいことが知られている。

 

http://www.baralynka.com/




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://hakodate.areablog.jp/blog/1000235115/p11572141c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
がんの先進治療 手術支援ロボット
「胆のうがん」病院選びのポイントは
血糖値を下げる運動療法
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 2 133
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード