バイトの体験談

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://hakodate.areablog.jp/beittaiken

書店のバイトの体験談

本が好きな方ならば、どんな方でも一度は憧れる「書店員」という仕事。書販売員になるには、どうしたらいいのでしょうか?書販売員(中にはカリスマ店員、カリスマ販売員などと呼ねれるような接客・販売のプロフェッショナルもいます)さんになりますのでの手取り早い方法がアルバイト(最近では、ネットを使って雇用先を探す人も増えてきましたね)として書店で働くことです。

書店の規模は大きい所から小さい所まであるんですが、書店をみてみると求人情報の貼り紙をしている書店や求人ウェブサイトに情報を掲載している書店もあります。アルバイトとして何年も経験を積んだ上で、正社員に登用するという書店が殆どだと言われています。

大体書店のアルバイト時給相場は大型店舗であれば800〜900円、個人経営など規模が小さ目の書店であれば700〜800円台と比較的他のアルバイト(最近では、ネットを使って雇用先を探す人も増えてきましたね)に比べて低めに時給が設定されています。では、書店でアルバイトする場合には、本の知識は豊富に持っていた方がいいのでしょうか。書店のバイトは仕事内容としては、誰にでも出来るような簡単な業務です。

でも、やはり、お客さんに「こんな本を探しているのだけれど」などと聞かれた時に、さっとその本を取り出せた方が良いと思います。そのためには、店内全体のレイアウトを覚えることは必須でしょう。それに、大型店舗になると毎日新作の書籍が搬入されてくるので、新作を棚に並べたり、返本する書籍を整理したりするなど、結構体力を使うアルバイト(パートとの法的な区別はないらしく、あくまでも便宜上の呼び分けとなっています)でもあるのです。

書店員さんの仕事としてもう一つ、これはその人のセンスを問われるのですが、その作品をお客様の手に取って頂けるようにPOPを作成するのも重要な仕事の一つです。書店に行くと手書きで作ったPOPをよく見かけると思いますが、あれは全部、書店員さんの手作りです。書店でのアルバイトを極めたら、「本のプロフェッショナル」になれるかもしれませんね。

確定申告の医療費控除



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://hakodate.areablog.jp/blog/1000086080/p10965681c.html
バイト

■同じテーマの最新記事
セブンイレブンのバイトの情報
添削・採点アルバイト
警備のバイトの体験談
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
バイトの体験談
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 25 2666
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

足あと

おすすめリンク

キーワード