和牛について

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://hakodate.areablog.jp/privresy

ペットに必要な栄養素は

ペットが健康を維持するためには、必要な栄養素をバランス良く摂取することが大切です。


ペットに必要な栄養素としては、エネルギー源となる栄養素(たんぱく質、炭水化物、脂質)、体をつくる栄養素(たんぱく質、脂質、ミネラル、水)、体の調子を整える栄養素(たんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミン、水)があります。


■たんぱく質は、身体を作り維持する働きをします。筋肉、皮膚、被毛、血液、内臓などを構成しているのがたんぱく質です。たんぱく質源としては、牛肉、鶏肉、羊肉、魚介、コーングルテンミール、大豆などがあります。


■脂肪は、他の栄養素の中でも1g当たりのエネルギーが最も多く、主にエネルギー源となります。脂肪源は、牛脂、豚脂、家禽脂、魚油、植物油などです。


■炭水化物は、脳や神経細胞のエネルギー源となり、腸内環境を整える作用があります。炭水化物源は、トウモロコシ、小麦、米、ジャガイモなどです。


■ビタミンはエネルギー源にはなりませんが、体内の代謝に必要です。殆どが、体内で必要量を合成できないため、食事から摂らなければなりません。ただし、犬や猫はビタミンCを体内で合成できるため、食事から摂る必要はありません。


■ミネラルは、身体の様々な機能を維持するのに重要な役割を担っています。体内では微量なミネラル成分ですが、それぞれが、お互いに作用しながらバランスをとっているので、バランスよく摂取することが大切です。


動物が必要とするエネルギー量は、年齢、体の大きさ、活動量などによって変化します。1日のエネルギー要求量(DER)は、安静時エネルギー要求量(RER)×係数で求めます。


安静時エネルギー要求量(RER)は、心臓を動かしたり呼吸をしたりするなど、生きているだけで必要なエネルギー必要量のことです。


猫の病気で多いのは?



ペット 栄養素

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://hakodate.areablog.jp/blog/1000075031/p11603559c.html
ペット | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
和牛に関するお話
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 2 1885
コメント 0 2
お気に入り 0 1

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク